ずっと頭皮や肌がガサガサ…その原因は脂漏性皮膚炎ではありませんか?

 

「頭がかゆい…」

「頭を掻くと爪の間にフケが…」

「毎日シャンプーしてるのにフケが止まらない!」

「頭や顔に赤い湿疹ができて収まらない」

「大きくて湿ったフケがいくつも出てきてる…」

 

このサイトにやってきたということは、上記のような症状に悩まされていませんか?

これらは「脂漏性皮膚炎」の典型的な症状です。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂分泌の多い箇所に発生することのある湿疹です。

フケを伴う場合が多く、ニキビや他の皮膚炎と勘違いされることも多い病気です。

 

でも、脂漏性皮膚炎はれっきとした病気。

放置していてもよくなるどころか、どんどん悪くなるばかりです。

 

このサイトにたどり着いた方の中には、こんな方もいるのではないでしょうか。

  • もうずっと脂漏性皮膚炎に悩まされている
  • 今までずっと他の皮膚炎かアトピーだと思っていたけど、実は脂漏性皮膚炎だった
  • いろいろなスキンケアを試したけど、どれも効果がなくて困っている

 

脂漏性皮膚炎の完治に至るまでには、かなりの時間がかかります。

なかには、もう何十年も悩まされているという人も多くいるほどです。

また、完治したとしても頻繁に再発することがあり、徹底的なケアが必要な病気です。

さらに皮膚炎と混同されやすいため、長く治療を続けていても治らない、といったケースも。

 

 

こんにちは、当サイト管理人のたかのと言います。

私自身ひどい脂漏性皮膚炎に悩まされ、今も再発に怯える生活をしています。

私の場合はかゆみを伴うもので、夜眠れなくなるほど掻きむしってしまうこともありました。

どんなに洗ってもフケが出てくるので、どうすればいいかわからず、外に出ることさえできませんでした。

 

幸いなことに今は症状が落ち着いていて、一旦は完治しているように思っています。

ですが、今後いつ再発してしまうかもわかりません。

また、脂漏性皮膚炎で悩んでいる方は、口に出せないだけでたくさんいることも知っています。

 

今脂漏性皮膚炎に悩む方に向けて。

そして、自分の忘備録としてもこのサイトを立ち上げることにしました。

 

脂漏性皮膚炎は、れっきとした皮膚の病気です。

皮膚科に通い、肌に優しい製品で正しいケアをしないと、脂漏性皮膚炎は治りません。

ですが、逆に言うなら、こうしたことを徹底できれば、脂漏性皮膚炎は必ず完治させられます。

 

ここでは、脂漏性皮膚炎を完治させるまでの行程をステップ式にご紹介しています。

  1. 脂漏性皮膚炎の原因はなんなのか?
  2. 改善させるための具体的な方法はあるのか?
  3. 脂漏性皮膚炎になったら、まず何をするべきなのか?

 

とにかく脂漏性皮膚炎を完治させたい!という方は、このサイトを隅々まで御覧ください。

 

脂漏性皮膚炎かも?まずは皮膚科へ

頭がフケでガサガサする、などの症状が続いたら、まずは皮膚科へ向かいましょう。

普通の皮膚科でなく、脂漏性皮膚炎の治療を行っている病院が望ましいです。

 

脂漏性皮膚炎の症状とは?

「でも、脂漏性皮膚炎かどうか、自分ではわからない…」

そんな時のために、まずは脂漏性皮膚炎の症状をおさらいしておきます。

 

脂漏性皮膚炎の症状の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

1 脂漏性皮膚炎は、皮脂分泌の多い部位に出やすい
2 頭部、顔(Tゾーン)、首、耳、ワキ、背中、胸、陰部にも発生することがある
3 赤みやかゆみ、ブツブツとした湿疹、かさぶたのような鱗屑、フケなどを伴う
4 抜け毛やAGA(男性型脱毛症)を併発することがある
5 症状の出ている箇所に触るとざらついている、もしくは脂ぎっている

こうした症状に複数該当する場合は、できるだけ早く皮膚科を受診してください。

 

脂漏性皮膚炎は、アトピー性皮膚炎や乾癬などとも混同されやすい病気です。

症状は似ていますが、その原因は似て非なるものです。

脂漏性皮膚炎に詳しくない病院だと、誤診を受けてしまうこともあります。

事前に、過去の治療実績があるかどうか、その病院のHPなどで確認しておきましょう。

 

また、各部位ごとの症状の詳細については、以下のページでご紹介しています。

脂漏性皮膚炎の主な症状。かゆみや体臭、部位ごとに違う症状はある?

 

脂漏性皮膚炎の原因は?

では、こうした脂漏性皮膚炎の原因はなんなのでしょうか。

脂漏性皮膚炎の原因と発症までの過程については、以下の説が有力です。

1 生活習慣の乱れ、ストレス、ケア不足などによる皮脂の過剰分泌
2 その皮脂を分解する、皮膚の常在菌「マラセチア真菌」(カビ、癜風菌)
3 真菌が皮脂を分解した時の「皮脂分解物(老廃物)」が、皮膚を刺激
4 刺激された皮膚が反応し、脂漏性皮膚炎を引き起こす

おそらくこのサイトを見ている方のほとんどは、「4」の状態なのではないでしょうか。

つまり、「皮脂の分泌」と「マラセチア菌」を抑えれば、症状の改善が見込めるということになりますね。

 

脂漏性皮膚炎の原因については、以下のページで詳しくご紹介しています。

脂漏性皮膚炎の原因は?カビや菌以外の原因で悪化することはある?

 

だからといって「ケアのしすぎ」は、かえって症状を悪化させるだけです。

脂漏性皮膚炎を事前に予防することはできないのでしょうか。

 

脂漏性皮膚炎は予防できる?

それでは、脂漏性皮膚炎を予防する方法はないのでしょうか。

 

そもそも、脂漏性皮膚炎は完治しづらく、再発しやすい病気です。

これは皮脂の過剰分泌の原因は至るところにあり、なかなかケアしにくいため。

例えば、日常的なクセとして、以下のようなことに心当たりはありませんか?

  • ささいなことでイライラしてしまう
  • 自宅に帰って、何もしないまま寝てしまう
  • どうしてもお菓子やチョコレート、油ものをたくさん食べてしまう
  • 普段からスキンケアの習慣がない

 

こういったことは本当に些細な事ですが、積み重なることで脂漏性皮膚炎の原因となります。

ニキビや肌の赤み、頭皮のかゆみが収まらない場合には、こうしたことを疑ってみましょう。

繰り返しますが、脂漏性皮膚炎はれっきとした病気。

他の肌トラブルように、普通にケアをして放置していてもよくなることはありません。

 

脂漏性皮膚炎の予防方法や病院へ行くタイミングについては、下記ページでご紹介しています。

脂漏性皮膚炎の予防方法。発症の予兆や病院へ行くタイミングはいつ?

 

脂漏性皮膚炎は自力で改善できる?やってはいけない自己流スキンケア

すでにご紹介しましたが、脂漏性皮膚炎は自力で完治させることはできません。

必ず病院へ行き、然るべき薬と、スキンケアを併用しなければ改善の見込みはありません。

 

にもかかわらず、ネット上には「こうしていれば治る」という話があちこちに転がっています。

なかには、「病院へ行っても治らない」という声も少なくありません。

でもそれは、行くべき皮膚科を間違えているだけです。

 

一例として、弁護士事務所を挙げてみましょう。

とにかく何か事件に巻き込まれたら、弁護士を尋ねればいい…そう思っていませんか?

実は、弁護士でも、「離婚に強い」「破産に強い」「闇金に強い」「刑事事件に強い」などなど…。

その弁護士事務所によって、得意な専門分野が大きく異なるのです。

 

皮膚科でも、「シミ治療に特化」「ニキビ治療が得意」「レーザー施術可能」などなど…。

その病院の看板となる施術方法が必ずあるはずです。

だからこそ、事前の情報収集や、HPの閲覧が必要不可欠になってきます。

 

やってはいけない自己流スキンケアとは?

それでは、ネット上に溢れている自己流スキンケアの中でも、特に危険なものを見ていきます。

肌断食 とにかく「一切のスキンケアをしない」スキンケア。
かゆみが酷くなり、症状が悪化。紫外線を受けるため皮膚がボロボロに。
脱保湿 「一切の保湿をやめる」スキンケア。
細菌感染の可能性あり。アトピー性皮膚炎の方が使うことが多い。
湯シャン シャンプーを使わず、お湯だけで洗髪する方法。
一時的に収まってもやがて症状がぶり返し、フケがひどくなるおそれも。

聞いたことがあるものから、馴染みのないものもありますね。

特に湯シャンに関してはオススメしている芸能人も多いので、取り入れたことがある方も多いのではないでしょうか。

いずれもやろうと思えばすぐにできるスキンケアなので、藁にもすがる思いでやってしまいがち。

でもその結果症状が悪化、取り返しのつかないことになるおそれもあります。

くれぐれも自己流のスキンケアは控え、専門の医療機関の受診を受けてください。

 

なお、各スキンケア方法の詳細や問題点については、上記別ページで取り上げています。

 

やっぱり大切な生活習慣。脂漏性皮膚炎になったら意識したいこと

脂漏性皮膚炎について病院にかかったら、まずは生活習慣の見直しをしていきます。

とはいえ、クセづいてしまった生活習慣は、なかなか直しづらいもの。

特に社会人の方は仕事時間の関係もあり、結局そのまま変えられず…ということも多いですよね。

「生活習慣を見直そうなんて簡単に言うな!」というのが正直なところではないでしょうか。

 

ここでは、とにかくすぐにできる!日頃意識できる改善方法をいくつか取り上げてみます。

 

イライラしたときは無心になってみる

まずは皮脂分泌の最大の原因、「ストレス」です。

イライラムカムカすると、「いま現在ストレスが溜まってる」と意識する人も多いかもしれませんね。

 

ストレスを溜めると、まず自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると、うつ症状、胃腸炎、頭痛肩こり不眠症など…とにかくいいことがありません。

 

ストレスがホルモンバランスを乱し、ホルモンバランスが皮脂分泌を促す

また自律神経はホルモンバランスにも密接に関係しています。

ものすごく簡単に言えば、男性ホルモンは皮脂の分泌を促します。

女性ホルモンは「エストロゲン」という成分が皮脂を抑制します。

つまり、「ホルモンバランスの乱れ」は皮脂分泌とも密接に関係しているんですね。

また毛穴を開いてしまいますので、余計皮脂分泌が活発になります。

 

ともあれ、ストレスを溜めても百害あって一利なしです。

イライラは自分ではどうしようもないことが多く、また他人のちょっとした行動でもたらされます。

「あ、今イライラしてる!」と思ったら、まずは無心になりましょう。

「イライラしている原因」について、今はとにかく何も考えず、深く踏み入らないようにします。

意識的に気をそらすのは難しいかもしれませんが、細く長く息を吐き出すことを繰り返しましょう。

そうして別の作業に没頭し、集中できればあとはこっちのものです。

 

自然とイライラが薄くなり、無理に思い返すこともなくなります。

 

シャンプー、洗顔は「1日1回」まで!

次に、皮脂の多い人がどうしてもしてしまいがちなミスが、「ケアのしすぎ」です。

 

皮脂が多くなると、とにかく徹底的に落としたくなるものです。

朝から洗顔とシャンプー、夜も洗顔とシャンプー。

多い人は、夜には2回シャンプーすることもあると思います。

こういった行動は、明らかにケアのしすぎです。

 

皮脂の落としすぎは余計に皮脂を分泌させてしまう

本来皮脂は、肌を外部刺激から守るために分泌されているものです。

頭皮や顔、その他の部位であっても、それは変わりません。

それを多すぎる洗顔、シャンプーで落としすぎてしまうと、皮膚は肌を過剰に守ろうとします。

つまり、皮脂の過剰分泌につながり…脂漏性皮膚炎はさらに広がる、というわけです。

 

皮脂は落としすぎても、落としすぎなくてもいけません。

洗浄力の強い洗浄剤を使ったシャンプーだと、頭皮の皮脂を根こそぎ奪ってしまいます。

その結果、症状が悪化することも考えられます。

 

それでもすぐにシャンプーや洗顔が変えられない…。

そんなときは、「シャンプー・洗顔を1日1回」にしてみましょう。

1日1回ですが、それまでと同じような洗い方ではいけません。

シャンプーならすすぎに時間をかける、頭皮に爪を立てないようにする。

洗顔なら肌に触れないよう、泡で洗うことを意識する…。

そういった正しいスキンケア方法を知ることで、少しずつ改善に繋げていきます。

劇的な改善は見込めなくても、こうした細かな配慮は着実に実を結びます。

正しいお風呂の入り方については、下記ページで詳しく取り上げています。

湯シャンでOK?脂漏性皮膚炎の時の正しい洗い方・乾かし方の注意点

 

鶏胸肉を主食にしてみる

皮脂分泌を気にする上で、一番効果的なのはやはり食生活です。

日本人の主食となるお米やパン、麺類などの炭水化物は、「糖質」。

糖質を取りすぎてしまうと、皮脂の過剰分泌につながることはご存知のとおりです。

かといって、すぐには切って切り離せない、という方も多いですよね。

糖質抜きダイエットも流行していますが、なかなかコストのかかる方法でもあります。

 

というわけでオススメしたいのが、100g100円以下で売られている「鶏むね肉」です。

本当はレバーもいいのですが、苦手な方も多いと思います。

コンビニで売られているサラダチキンを食べている方も多いのではないでしょうか。

 

鶏むね肉は豊富なタンパク質に優れています。

かつ1枚でかなりボリューミーで、安価なためお腹いっぱい食べることができます。

もちろん野菜類の摂取も必要です。

 

まずは鶏むね肉を買う。あとは自由に食べる。

とりあえず仕事で疲れている日は、鶏むね肉を湯を沸かした鍋に入れましょう。

時間にして10分~20分、充分煮えたら、毟るなり、そのまま塩を振ってかぶりつくなりします。

いいお出汁が出ているので、塩や醤油で味を整えて、卵を入れ、簡単なスープ風にするのも美味しいです。

胸肉のパサつきを抑えたい方は、お湯の火を止めて60分ほど放置すれば、しっとりと柔らかくなります。

余裕のある方は胸肉をむしって、ごま油などでキュウリとあえると大変おいしく頂けます。

 

特に一人暮らしの方は、日頃の食生活を大幅に改善するのは難しいものです。

でもまずは、糖質や炭水化物を控えてみることをオススメします。

 

できるだけ長く寝ること。これがすべて

最終的にはやっぱり睡眠時間の長さに落ち着くことになります。

仕事が終わり、家に帰ってやることが多い方も少なくないでしょう。

  • 自分でご飯の支度をする
  • 明日の昼飯の準備をする
  • 洗濯物を取り込み、畳む
  • ゴミをまとめる
  • お風呂を掃除し、入浴する
  • 残った仕事を片付ける

こういったことは、一人暮らしの方にとっては慣れっこかもしれませんね。

 

ですが、仕事が終わる時間が遅ければ遅いほど、当然ですが就寝時間に食い込んでいきます。

あれこれしているうち、気がつけば0時を回っている…なんてことはザラにあります。

結果的に惣菜を買って帰る、コンビニご飯になるなど、これでは食生活も変えられません。

食生活を変えられないのなら、せめて早く床につくことを心がけてみましょう。

 

12時前にベッドに入ることを目標に動いてみる

できれば0時を回る前にすべてを終わらせ、何も考えずに横になるのがベストです。

すぐに寝付くことができない人は、軽いストレッチをしてみましょう。

また頭皮に痒みがある場合には、冷やしたり、保湿するなどして対策をします。

 

痒くて眠るどころじゃない!という人は、下記ページに対応策をまとめましたので御覧ください。

脂漏性皮膚炎がひどくて眠れない!どうしても気になる時の対応策4選

 

日頃の生活習慣を一気に変える、というのは本当に難しいことです。

それでも結局、こうした習慣改善こそが特効薬になるのは皮肉とも言えますね。

 

では、今すぐに生活習慣を変えられない方はどうすればいいのでしょうか。

 

頭皮ケアといえば毎日のシャンプー。正しい商品を、正しい使い方で!

 

ここからは特に「頭皮ケア」についてご紹介していきます。

今すぐに生活習慣を変えられない方は、まず日頃のスキンケアを見直すところから始めます。

 

当サイトオススメシャンプー一覧。脂漏性皮膚炎に効果的なシャンプーはどれ?

まずは、このサイトでオススメしている「脂漏性皮膚炎専用シャンプー」についてご紹介します。

 

カダソンスカルプシャンプーで、すこやかな頭皮環境へ

カダソンシャンプーのメリット カダソンシャンプーのデメリット
アミノ酸系シャンプーで低刺激 発売して日が浅く、口コミが少ない
サリチル酸配合でフケ・かゆみを抑える 価格が比較的高め

発売直後、あまりの人気に一時予約受注生産となったほどのシャンプー。

それが、KADASONから発売された、「カダソンスカルプシャンプー」です。

発売されたばかりのため、まだあまり知名度は高くありません。

 

しかし、その実力はお墨付き。

カダソンシャンプーは、ラウレス硫酸Naを使用しないアミノ酸系シャンプーです。

低刺激かつ、マイルドな洗浄力で皮脂を落としすぎません。

「サリチル酸」配合なので、フケやかゆみを抑え、脂漏性皮膚炎の改善も見込めます。

 

カダソンスカルプシャンプーについては、以下のページで詳しくご紹介中です。

 

皮膚科推奨!定番のコラージュフルフルシャンプー

コラージュフルフルのメリット コラージュフルフルのデメリット
皮膚科推奨。低刺激ベタイン系シャンプー 強い殺菌成分が常在菌を殺菌しすぎることも
抗真菌成分配合で症状改善 症状が悪化した、という口コミも多い

脂漏性皮膚炎になった時の定番シャンプーといえば、コラージュフルフルシャンプーです。

皮膚科でもオススメされた方は多く、完治後も使い続けられるシャンプーです。

抗真菌作用のある「ミコナゾール硝酸塩」を配合しているシャンプーのひとつです。

これにより、頭皮のマラセチア菌を抑え、脂漏性皮膚炎を改善する作用があります。

 

ただし、強い殺菌作用のある「ピロクトンオラミン」など、強い成分も含まれています。

コラージュフルフルはとても優秀なシャンプーですが、合う・合わないの激しい商品です。

口コミには「症状が悪化」したという声も少なくありません。

まずはトライアルセットなどで肌に合うか試してから、本商品を購入してください。

 

コラージュフルフルシャンプーについては、以下のページで詳しくご紹介中です。

 

海外製造ケトコナゾール(ニゾラール)配合シャンプー各種もオススメ

海外製造シャンプーのメリット 海外製造シャンプーのデメリット
国内では配合されない「ケトコナゾール」配合 輸入でしか購入できず、入荷待ちになることも
口コミ高評価が多く、効果も高い 副作用あり。全成分が分からないものが多い

より効果を実感したい、という方は、海外製造のシャンプーもオススメです。

代表的なのは以下の4種類のシャンプーです。

似たような名前が多いですが、すべてに「ケトコナゾール」という成分が配合されています。

ケトコナゾールとは、日本では医薬品扱いの成分です。

真菌性皮膚炎の治療にも使われますが、国内製造のシャンプーには配合されていません。

そのため、海外製造のこれらのシャンプーを輸入して購入することになります。

口コミ評価も高く、効能もお墨付きです。

 

ただ、海外製造品のため、全成分配合がわからないものが多くあり、使用は自己責任。

もちろん国内の一般的な通販サイト、ドラッグストアなどでは購入することができません。

輸入品のため入荷待ちになることも多く、メリットとデメリットがはっきりしています。

今すぐにでも症状を緩和したい方は、カダソンシャンプーなどを使用してください。

更新日:

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2017 All Rights Reserved.