スキンケア

体に脂漏性皮膚炎が出た。胸や腕、足などの症状がひどい時にやること

更新日:

脂漏性皮膚炎が体に

脂漏性皮膚炎の症状は脇や胸、背中、陰部など体の広範囲に出る可能性があります。

人によってどこに出るかは異なり、顔は大丈夫だけれど体に症状が出やすいという人もいるでしょう。

ここでは胸から下に出る脂漏性皮膚炎の症状についての対策方法を説明していきます。

 

体に出た脂漏性皮膚炎が頭皮にまで至ったら、専用のシャンプーを使うようにしましょう。

↓脂漏性皮膚炎でも使えるシャンプーを知りたい方はこちらをタップ↓

 

首から下にでる脂漏性皮膚炎の対策

服で覆われている箇所に出る症状は、自分自身でもあまり目につきません。

そのため手で触れてしまう機会が少なく、改善しやすいパーツであるとも言えます。

ですが同時に、体のかゆみが出ても放置してしまい、脂漏性皮膚炎だと気づかずに症状を悪化させてしまうこともあるかもしれません。

適切なお手入れ方法を理解しておきましょう。

  • 手や腕のお手入れ
  • 脇のお手入れ
  • 胸や背中のお手入れ
  • 陰部のお手入れ

症状が出ているパーツごとに説明していきます。

 

手や腕のお手入れ

手のひらや腕は湿疹が出やすいパーツですが、皮脂腺は少なく、皮脂の分泌はそれほど多くありません。

脂漏性皮膚炎ではなく以下の症状である可能性もあります。

治療に使う薬やお手入れの方法も変わってくるので、まずは皮膚科の診察を受けるようにしてください。

  • 皮膚そう痒症
  • 異汗性湿疹(汗疱・かんぽう)
  • アレルギー性接触性皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • アトピー性皮膚炎

 

脇のお手入れ

脇には汗腺があり、汗をかきやすい箇所。

皮膚が薄くデリケートなパーツでもあるので、慎重なお手入れが必要です。

症状が出ているときは、制汗剤やムダ毛処理剤、カミソリなどの使用をストップしてください。

肌に刺激を与えるため、バリア機能が低下し、脂漏性皮膚炎の症状が悪化してしまうことがあります。

 

また、ナイロンタオルやスポンジなどでゴシゴシこすり洗いするのもNG。

洗浄料をよく泡立てて、手のひらでなでるように優しく洗いましょう。

体全体を洗うときも手のひらを使って洗うようにすると肌へのダメージが最低限で済むので是非、習慣にしてみてください。

 

コラージュフルフル 泡石鹸

泡で出てくるタイプなので、手のひら洗いに最適。

抗真菌成分と殺菌成分配合で汗の臭いも防いでくれます。

(出典:https://karadanokabi.jp/cfs/feature.html

 

お風呂の温度は熱すぎない程度に!

お風呂につかるときは温度を上げすぎないこともポイントになります。

夏場は38度くらい、冬でも40度くらいを上限にしましょう。

温まりすぎると、かゆみが強くなって炎症が悪化してしまうこともあるので注意してくださいね。

 

胸や背中のお手入れ

体を洗う

常に服で覆われている胸や背中は、蒸れによって雑菌が繁殖しやすい箇所でもあります。

肌に直接触れる下着はコットンや麻混など、天然素材のものも選ぶのがおすすめ、通気性も抜群です。

保湿・保温効果のある化繊でできた下着はムレやすく症状を悪化させてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

胸や背中は皮脂の分泌が多いので、1日1回、お風呂で洗うようにします。

手のひら洗いがおすすめですが、手の届きにくい背中は絹や木綿のボディタオル、海綿スポンジなどでやさしく洗ってもいいでしょう。

ゴシゴシこすり過ぎるのは厳禁ですが、泡で出てくるタイプなら面倒がありません。

 

キュレル 素肌いたわりタオル

アトピー性皮膚炎や乾燥性敏感肌の方でも使える天然素材のボディータオル。

三層のメッシュ構造で泡立ちがよく、肌に負担をかけることなく汚れを落としてくれます。

(出典:https://www.kao.com/jp/curel/crl_bodytowel_00.html?_ga=2.258484554.1740130028.1503738836-546113849.1498539539

 

キュレル 泡ボディウォッシュ

セラミド入りで肌のうるおいを守ってくれる洗浄料。

泡のすべりがよく、刺激せずに汚れをしっかり落とすことができます。

(出典:https://www.kao.com/jp/curel/crl_bodywash_foam_00.html?_ga=2.247391556.1740130028.1503738836-546113849.1498539539

 

お風呂からあがったら、清潔なタオルで押すように水分をふき取ります。

乾燥が気になる場合、ボディー用のローションを使ってもいいでしょう。

特に背中は乾燥するとかゆみを感じやすいので、適宜ローションで保湿するのがおすすめです。

 

陰部のお手入れ

意外と多い、陰部に現れる脂漏性皮膚炎の症状、「病院に行くのが恥ずかしい」という理由で放置していませんか?

脂漏性皮膚炎の症状は放っておいて治ることはありません。

体のどこの部位でも同じですが、日ごろのお手入れを見直すことはもちろん、皮膚科の診察を受けて適切な治療を受けることが第一歩となります。

家庭でのお手入れはあくまでも二次的なものだと考えるようにしてくださいね。

 

デリケートゾーンのお手入れ・注意点

陰部は蒸れやすいため、マラセチア菌や雑菌が繁殖しやすくかゆみや炎症が起こりやすいパーツ。

下着はなるべくコットンや絹の天然素材で通気性のいいものを選ぶようにしましょう。

 

洗浄料選びも注意が必要です。

汚れやムレ、汗の臭いなどが気になるパーツであるだけに洗浄力の強いせっけんやボディソープで洗いたくなりますが、肌はもともと弱酸性です。

アルカリ性のせっけんで洗うと肌に負担をかけてしまいます。

 

また、デリケートゾーンは本来皮膚の常在菌によって守られているため、刺激の強い洗浄料で洗うと肌を守る常在菌が減って、トラブルが起こりやすくなります。

陰部に脂漏性皮膚炎の症状が出ているときは、低刺激の洗浄料を使うようにしてください。

 

洗ったあとは皮膚科で処方される外用薬を塗布します。

基本的に乾燥しにくい箇所なので、保湿剤は使わなくてもいいでしょう。

 

コラージュフルフル泡石鹸 デリケートゾーン用

肌と同じ弱酸性でデリケートゾーンを優しく洗い上げてくれます。

生理中のムレや臭いが気になる女性からも人気があるアイテムです。

(出典:https://karadanokabi.jp/cfsp/feature.html

 

全身に症状が出たら生活習慣も見直して

脂漏性皮膚炎の症状が体の広範囲に出た場合、皮膚科での治療やスキンケアだけではなく、日頃の生活も見直してみる必要があります。

ストレスの緩和や睡眠不足の解消、ビタミンB群の摂取など、体の中から肌を丈夫にする方法も考えてみてください。

 

まとめ:お肌はゴシゴシせず、できるだけ優しく洗うこと。内側からもケアしましょう

体のかゆみや湿疹はついつい我慢してしまう人が多く、治療が遅れることが少なくありません。

かゆみが長引くようであれば、まずは皮膚科の診察を受け、並行して正しい方法でお手入れすることが回復への近道です。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-スキンケア
-, ,

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.