スキンケア

スキンケアと薬は併用できる?脂漏性皮膚炎の薬を併用する時の注意点

更新日:

スキンケアと薬

皮膚科で脂漏性皮膚炎の治療を始めると外用薬や内服薬を処方されます。

外用薬として処方される軟膏やクリームはスキンケアを併用してもいいのでしょうか。

また、使用を注意したときのリバウンドを恐れてステロイドの外用薬は使いたくないという人もいるかもしれません。

ここでは脂漏性皮膚炎の症状とスキンケアの併用、薬をやめることのデメリットとリバウンドについて詳しく説明します。

 

↓脂漏性皮膚炎でも使えるシャンプーを知りたい方はこちらをタップ↓

 

脂漏性皮膚炎の症状とスキンケアの併用

脂漏性皮膚炎の症状がひどい場合、普段使用していたスキンケアが使えなくなることもあります。

でも、内用薬だけでは肌が乾燥してしまうこともあるでしょう。

基本的に脂漏性皮膚炎の症状が出ていても、皮膚科では保湿はするようにアドバイスしているところがほとんどです。

これは、保湿をしないでいることでさらに皮脂の分泌が増えて症状が悪化するのを防ぐため。

ただし、スキンケアの選び方には慎重になる必要があります。

 

脂漏性皮膚炎のスキンケアは低刺激のものを

保湿するときには肌に浸透しやすい保湿成分を配合した低刺激のアイテムを選ぶようにします。

浸透しやすい保湿成分には細胞間脂質であるセラミド、NMF(天然保湿因子)であるアミノ酸などがあります。

これらの成分が肌に刺激を与えることはほとんどありません。

 

注意したいのは添加物です。

アルコールやエタノール、香料、パラベンなどは肌に刺激を与えることがあります。

敏感肌の用の化粧品や皮膚科で販売されている化粧品など低刺激で添加物の少ないスキンケアを選んでください。

 

外用薬と併用するときは化粧水→薬の順で

脂漏性皮膚炎の場合、外用として処方されるのはマラセチア菌(真菌)を減らす抗真菌薬と、炎症をおさえるためのステロイドの2種類があります。

軟膏やクリームなどがありますが、成分によっては水分をはじいてしまうものもあります。

また、肌の上で薬を化粧水が混ざってしまうのも避けたいところ。

 

化粧水と外用薬を併用するときには、化粧水をつけて数分おき、肌に浸透させてから外用薬を塗るようにするのがいいでしょう。

ただし炎症を起こしている場合、化粧水などの使用はいったんストップして外用薬を塗るだけにしてください。

 

薬をやめることのデメリットとリバウンド

塗り薬

脂漏性皮膚炎の治療には以下のような薬が処方されます。

外用抗真菌薬 マラセチア菌を減らす
外用ステロイド 炎症を抑える
抗アレルギー剤 炎症を抑える
抗ヒスタミン剤 かゆみを抑える
抗菌剤 細菌感染を抑える
ビタミン剤 皮脂の分泌を整えるビタミンB剤など

このうち、長期連用を避けたいのが外用ステロイドです。

外用ステロイドを使用する上で注意すべきことを理解しておきましょう。

 

外用ステロイドのデメリット

炎症を抑える効果のある外用ステロイドには以下のデメリットがあります。

  • 薬をやめるとぶり返し、使用をやめられなくなる
  • やめたときにリバウンドが起こり酒さ様皮膚炎などが起こる

 

薬をやめられなくなる

外用ステロイドは炎症を抑えるために使用します。

同時に抗真菌薬でマラセチア菌を減らすことで、脂漏性皮膚炎の症状を改善していきます。

ただ場合によっては薬の使用をやめるとぶり返してしまい、使用をやめられなくなってしまうことがあります。

 

やめたときにリバウンドが起こる

アトピー性皮膚炎など、慢性の皮膚病でステロイドを使い続けていた人が急にステロイドの使用をやめると、症状が悪化することがあります。

また、使用をやめたあとに、お酒を飲んだときのように顔が赤くなる「酒さ様皮膚炎」を引き起こすことがあります。

 

外用ステロイドを使用する上でのリスクを減らす方法

ステロイド=悪者と考える人もいますが、これは間違いです。

問題となるのは長期連用。

ステロイド処方は決められた期間使用し、炎症を抑えながら抗真菌薬を使うことを目的にしています。

これにより症状が長引くのを防ぐことができるため、炎症やかゆみが強いときは短期間使って症状を抑えるのがベストです。

 

ステロイドは1~2週間をめどに使用する

ステロイドを使用するときは1~2週間をめどにします。

本来、長期間使用するものではないため、ステロイドを処方した場合、10日から2週間くらいでもう一度診せにきてくださいと言われるはず。

その段階で効果が出ていなければ、別のステロイドを使用するなど治療方法が変わることもあります。

同じステロイドを漫然と出し続けるような皮膚科は避けた方がいいでしょう。

 

ステロイドをやめるときは段階的に

脂漏性皮膚炎の治療でも早い段階で診察を受ければ、ステロイドの使用も短期間で済むことがほとんどです。

ただ、症状が長引いてしまってから診察を受けた場合や、アトピーやニキビが併発している場合、気づかないうちに酒さ様皮膚炎が起きている場合などは炎症が慢性化することもあります。

 

特にアトピーを併発している場合など、ステロイドを長期連用している人がいきなり使用をやめると、症状が一気に悪化することがあります。

薬をやめるときは、自己判断ではなく医師に相談して少しずつ減らすようにしましょう。

 

病院によっては、体への負担が少ない漢方薬を処方してくれる場合があります。

  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
  • 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

漢方により症状を和らげ、ステロイドをはじめとするそれ以外の薬の量を減らしていく治療を行っているところもあります。

 

まとめ:自己流は厳禁。症状が慢性化する前に正しいケア方法を実践しよう

脂漏性皮膚炎の治療をするときには、正しい方法で薬を使用することが大切です。

スキンケアと併用するときは最低限の保湿にとどめ刺激の強いアイテムは使わないこと。

また、ステロイドは必要以上に怖がらず、短期間使用してしっかり症状を抑えることを目指しましょう。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-スキンケア
-

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.