シャンプー

キュレルシャンプーのフケ防止効果は本当?成分解析と口コミ辛口評価

更新日:

キュレル

頭がかゆい!フケがたくさん出てくる!

毎日しっかりシャンプーをしていても、そうした頭皮トラブルは起こりうるものです。

敏感肌の方であれば、花王の「キュレルシャンプー」を目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

キュレルシャンプーの口コミを見てみると、おおむね好評であることが伺えます。

反対に、シャンプー解析サイトでは「本当に敏感肌のことを考えているの?」と酷評が目立ちます。

 

キュレルは特に「乾燥性敏感肌」の方向けに作られています。

地肌が敏感で、すぐに荒れてしまう方にとっては重要なポイントですよね。

 

ここでは、そんなキュレルシャンプーについて詳細をまとめました。

価格や成分などからその実態をご紹介します。

また実際に使用してみたレポートもありますので、購入の参考になれば幸いです。

 

 

キュレルシャンプーのまとめ。おすすめポイントと気になる成分は?

まずはじめに、キュレルシャンプーについて詳しく見ていきましょう。

キュレル

販売会社

花王株式会社

価格(容量)

1,080円(420ml)※アマゾン価格

基剤

ベタイン系シャンプー

つめかえ用の有無

あり(799円/360ml)

特長成分

グリチルリチン酸2K

抗真菌成分

なし

石油性界面活性剤

ラウレス硫酸Na(原料不明のため記載)

アルコール

エタノール

防腐剤

安息香酸塩

公式サイト

公式サイトをチェックする

 

キュレルシャンプーのおすすめポイント!こんな人にオススメ

  • 比較的やさしい成分配合で、泡立ちがいいシャンプー
  • フケ・かゆみがまだ軽度の方向け

 

キュレルシャンプーは、頭皮のかゆみやフケが軽度の方にオススメのシャンプーです。

 

消炎剤(グリチルリチン酸2K)が配合されており、軽いかゆみならすぐに抑えられます。

また基剤となっている両性界面活性剤は、低刺激かつ泡立ちがよいものになっています。

もこもことした泡で心地よくシャンプーしたい方向けの商品といえるでしょう。

 

ただ、敏感肌向けかと言われると、確かに微妙なラインです。

エタノールやラウレス硫酸Naをはじめ、ある程度肌に刺激のある成分も入っています。

 

また湿疹や皮膚炎のある方の使用は悪化のおそれがある、と公式HPに記載されています。

このため、脂漏性皮膚炎が重症化している方には向かないと言えます。

 

それでは、キュレルシャンプーとは具体的にどのような商品なのでしょうか。

成分面、価格面、より効果的な使用方法などをご紹介していきます。

 

 

キュレルシャンプーのこだわりは?どんな成分が配合されているのか

それでは、キュレルシャンプーのこだわりについて、公式HPから見ていきましょう。

 

キュレルシャンプーの全成分。有効成分にはどんな効果があるのか

有効成分として配合されているのは、「消炎効果のある成分」グリチルリチン酸2Kです。

キュレル成分

以上がキュレルシャンプーの全成分です。

 

公式HPでは、グリチルリチン酸2Kを大きく取り上げています。

有効成分としての記載のため、どれくらいの量が配合されているかはわかりません。

 

メインの基剤となっているのは以下の2種類の界面活性剤です。

  • ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
  • ラウレス硫酸Na

 

まずはこの2つのシャンプー基剤について詳しく見ていきましょう。

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液とはどんな成分か

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液は、ヤシ油を原料とした合成界面活性剤です。

目や皮膚に対しての刺激が少ない、いわゆる「ベタイン系」と呼ばれるものです。

 

一般的には他の界面活性剤の役割を補助する目的で配合されます。

これがキュレルシャンプーでは「低刺激」を目的にしているため、メイン基剤として入っています。

 

非常に泡立ちのいい界面活性剤なので、もこもことした柔らかい泡ができあがります。

安全性は高いのですが、単体の洗浄力としては次のラウレス硫酸Naに劣ります。

 

ラウレス硫酸Na aとはどんな成分か

ラウレス硫酸Naというと、「悪い成分だ」というイメージが根強い界面活性剤です。

強い洗浄力と脱脂力を持ち、皮膚への刺激が強いことで知られています。

また本来備えておくべき皮脂まで落としてしまい、さらに皮脂の過剰分泌を促すことも。

昔は石油を原料に生成され、現在はほぼヤシ油による生成となっています。

これによりコストが抑えられるから、こんなにも安価な価格がついているというわけですね。

 

これをメイン基剤としている市販シャンプーも多いことはご存知のとおりです。

キュレルシャンプーでは、洗浄力・脱脂力のサポートとしてラウレス硫酸Naを配合しています。

このようにサブとして使う分には、過剰に拒絶するべき成分ではありません。

 

ただし、長期的に使っていく上では、脱脂力や皮膚刺激で肌が荒れてしまうことも考えられます。

特に脂漏性皮膚炎の症状のひどい方は、低刺激かつ洗浄力のあるアミノ酸系シャンプーをオススメします。

 

キュレルシャンプーの有効成分にはどんな効果があるのか

それでは、有効成分である「グリチルリチン酸2K」についても見ていきましょう。

グリチルリチン酸2K

抗炎症作用があり、かゆみを抑える成分。
経口で過剰摂取すると副作用がある。

 

これらを踏まえると、キュレルシャンプーの有効成分から考えられる効果は以下のようになります。

 

1

もこもことした泡立ちのいいシャンプーで、頭皮全体を洗える

2

かゆみのある部分には、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが効果あり

3

比較的低刺激なベタイン系シャンプーなので、敏感肌でも使える場合がある

 

キュレルシャンプーには抗炎症成分が入っているので、ある程度のかゆみは抑えられます。

しかし、殺菌・抗真菌成分が入っておらず、かゆみの原因である菌の繁殖は止められません。

 

特に重度の脂漏性皮膚炎では、皮脂を菌が分解することで発生するかゆみやニオイがあります。

これ1本ではそれらの根本的な解決は望めません。

あくまで一時しのぎのシャンプーと言っていいでしょう。

 

キュレルシャンプーの気になる成分。気をつけたい成分はどれ?

キュレル気になる

次にキュレルシャンプーの配合成分の中でも、気になる成分を見ていきます。

 

エタノール

ラウレス硫酸Naもそうですが、「敏感肌用」のはずなのに、何故か肌に刺激のある成分があります。

 

エタノールは基本的に「肌に刺激を感じる」成分のひとつです。

殺菌作用による菌繁殖の防止、さっぱり感などのために配合されていることが多いようです。

反面、アルコールアレルギー、肌から水分を奪う揮発性なども懸念されます。

 

エタノール入りの化粧水などをつけて肌がヒリヒリしたことがある、という方は使用を控えましょう。

配合量としては微量ですが、脂漏性皮膚炎を発症している状態で、刺激のあるものを使うのはNGです。

 

 

キュレルシャンプーの価格は適正?1本でどれくらい長持ちするか

ここからは、キュレルシャンプーの価格についても言及していきましょう。

キュレルシャンプー

価格(税込)

容量

備考

ボトルタイプ

648円

200ml

アマゾン価格

ポンプ式タイプ

1,080円

420ml

アマゾン価格

つめかえ用

799円

360ml

アマゾン価格

 

価格としては、単品で648円、もしくは1,080円となっています。

Amazon、楽天、ドラッグストアなどでも取り扱われています。

 

シャンプーとしてはかなり一般的な価格設定となっています。

つめかえ用もありますので、コスパはかなり良いほうですね。

 

キュレルシャンプーは1本でどのくらいのコストパフォーマンスなのか

キュレルシャンプーは1本あたり420mlの内容量となっています。

 

キュレルシャンプーのメリットは、なんといってもその泡立ちのよさです。

少量でももこもこと泡立ってくれるようなので、ワンプッシュでも充分頭部全体を洗えます。

容量も大きめなので、髪の短い男性であれば2ヶ月ほどは使えるでしょう。

女性の場合は毛量や髪の長さにもよりますが、1ヶ月~1ヶ月半ほどが目安です。

 

キュレルシャンプーの実際の使用感。泡立ちや流れ具合はどうなのか

それではここから、実際にキュレルシャンプーを使ってみたレポートをご紹介していきます。

 

キュレルシャンプーのパッケージはこちら

キュレルパッケージ

今回は小さめの、コンディショナーとセットになっているものを使用します。

いわゆるトラベルセットと呼ばれるものですね。

かなり小さめで、これで45mlの内容量になっています。

フタをあけて傾けるタイプで、結構口が大きくなっています。

 

実際に手に出してみた。香りや流れ具合、色はどうか

キュレルテクスチャー

実際に手に出してみると、無色透明のシャンプー液が出てきました。

どろっとしたとろみがありますが、ほどよいやわらかさのテクスチャーだと思います。

ただ、少し気になるのがその香り。

キュレルシャンプーは無香料なのですが、植物系のアロマのような香りがします。

配合成分の中に「ユーカリ油」などがあるので、こうした精油の香りだと思われます。

 

泡立ててみた。泡立ち具合、泡切れはどうか

それでは、キュレルシャンプーを実際に泡立ててみます。

事前情報では「もこもことした泡が作れる」ということでしたが、果たして。

キュレル泡立ち

泡立て方は他商品と同じく、1度だけ指を濡らしたあと、その指で細かく泡立てていきます。

 

結果はご覧の通り、あまりうまく泡立ちませんでした。

もこもことした泡どころか、ねっとりした感じの泡立ちです。

頭皮につければ多少変わるかもしれませんが、そのままつけると頭皮にダメージを与えることに。

泡立ちネットを使えばもう少しふんわりと泡立つかもしれませんね。

 

キュレルシャンプーの効果的な使用方法。一番効果のある洗い方は?

最後に、キュレルシャンプーの効果的な使用方法についてご紹介していきます。

 

公式HPには具体的な洗髪方法の記載はなし

花王の公式商品ページには、具体的な洗髪方法の記載はありませんでした。

一般的な洗髪方法としては、以下のような注意点があります。

 

1

ぬるま湯で事前の予洗いを徹底すること

2

シャンプーは手のひらで少し泡立ててからつけること

3

頭皮は爪を立てずに洗い、指の腹でマッサージしながら洗うこと

4

洗った時間の3倍以上の時間をかけて、よくすすぐこと

 

例えば有効成分をきちんと行き渡らせたい時には、洗い終えたあと数分間放置することもあります。

ただキュレルシャンプーに限っては、有効成分が1つしかありません。

かゆみやフケ、ニオイが気になる場合にはやってもいいかもしれません。

しかし、洗い残しやすすぎ足りず、余計症状をひどくしてしまうデメリットのほうが大きいです。

そのため、洗い終えたらすぐにすすいでしまっても構わないでしょう。

 

まとめ:キュレルシャンプーは脂漏性皮膚炎に向かない。敏感肌の方も気をつけて!

「敏感肌向け」と謳っているわりに、他の市販シャンプーとあまり変わらない成分配合でしたね。

 

確かに低刺激の成分が揃ってはいます。

ですが、ひとつでも刺激のあるものがあれば、それは意味がありません。

またかゆみを抑える有効成分が一つしかないのも厳しいところでしょう。

ただし、安く入手できる、というのは大きなメリットのひとつです。

まだかゆみが少ない方にとっては救世主となりうるシャンプーだと感じました。

 

しかし、乾燥性敏感肌の方、そして脂漏性皮膚炎の方にはこのシャンプーは向きません。

もっと低刺激なアミノ酸系シャンプーなどの利用を検討してください。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-シャンプー
-

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.