脂漏性皮膚炎の疑問

脂漏性皮膚炎はうつる病気じゃない?感染症との見分け方や遺伝の影響

更新日:

感染するの?

脂漏性皮膚炎の症状に悩んでいる人のなかには「家族にうつるのでは?」という心配をしている人もいるのではないでしょうか。

また症状を目にした周囲の人から「その皮膚病ってうつらないよね?」と心ない言葉を投げかけられた人もいるかもしれません。

真菌(カビの一種)が原因と聞くと、感染するかもしれないと考えるのも無理はありません。

 

では、脂漏性皮膚炎は本当に感染するのでしょうか?

また、自分が脂漏性皮膚炎になった場合、子どもに遺伝することはあるのでしょうか。

この2つの点について、詳しく説明していきます。

 

↓脂漏性皮膚炎でも使えるシャンプーを知りたい方はこちらをタップ↓

 

脂漏性皮膚炎は人に感染する?

結論から言うと、脂漏性皮膚炎は人に感染することはありません。

でも同じカビの一種である真菌が原因の水虫は、タオルやお風呂のマットを共有することで感染しますよね。

では、脂漏性皮膚炎はなぜ感染しないのでしょうか。

 

脂漏性皮膚炎の原因は常在菌|水虫と違って誰でも持っている

ご存知のように脂漏性皮膚炎は皮膚の常在菌の一種であるマラセチア菌が増殖することで起こる症状です。

マラセチア菌は言ってみれば悪玉菌のようなもの。

皮膚の常在菌のバランスが良好に保たれていれば、どんな人でも症状は起こりません。

なんらかのきっかけでマラセチア菌が増殖すると炎症やフケといった症状が出てくるのです。

 

マラセチア菌は誰もが持っている菌です。

仮に人のマラセチア菌に触れたとしても、その人の皮膚環境が良好であれば、マラセチア菌が異常に増殖することはありません。

したがって、脂漏性皮膚炎は人のうつる感染症ではないのです。

 

水虫の原因は病原菌のため、人に感染してしまう

これに対して水虫は白癬菌(はくせんきん)という真菌が感染して起こる感染症。

白癬菌は肌の常在菌ではなく、病原菌です。

白癬菌を持っていない人が水虫になることはありません。

しかし、白癬菌が付着したタオルやマット、履物などに肌が触れたり、白癬菌を持つ動物に触れたりすることで白癬(水虫)に感染し、発症するのです。

 

同じ「真菌」であっても、感染するかどうかはその菌によっても異なります。

「周りの人に『うつるんじゃない?』と言われて傷ついた」という方は、脂漏性皮膚炎は感染しません!とはっきり宣言しましょう。

思い悩むこともストレスとなって症状を長引かせる原因になりますから、あまり悩まないようにすることも大切ですよ。

 

脂漏性皮膚炎は遺伝する?

遺伝

脂漏性皮膚炎に悩んでいる人のなかには家族も脂漏性皮膚炎だったという人がいます。

「親が脂漏性皮膚炎だったから仕方ない」という声を聞くこともあります。

これは脂漏性皮膚炎が遺伝するということなのでしょうか。

 

皮脂の多い体質や脂漏になりやすい体質が遺伝しやすい

「脂漏性皮膚炎が遺伝する」という意見は100%正しいとは言えません。

脂漏性皮膚炎そのものが遺伝するというより、皮脂の分泌が多い体質「脂漏体質」が遺伝する可能性があるといった方が適切でしょう。

 

でも、脂漏体質が遺伝したからといって必ずしも、脂漏性皮膚炎が発症するわけではありません。

それは、脂漏性皮膚炎になる原因が体質に限ったことではないためです。

  • ストレス
  • 体の洗い方
  • 衛生状態など環境的な要因
  • 年齢
  • ホルモンバランス

脂漏性皮膚炎は、こうしたさまざまな条件によって発症する多因子疾患(いろいろな要因が重なって発症する病気)です。

真菌剤を使ったからといってすぐに脂漏性皮膚炎が治らないのは、マラセチア菌の増殖以外にも原因があるからなのです。

そして、その原因がなんであるかはっきり分からないいので脂漏性皮膚炎は慢性化しやすいと言えます。

 

ですから、仮に脂漏体質が遺伝しても、皮脂を適度にコントロールできる洗い方ができていたり、ストレスを溜め込まない性格だったりすれば、症状が出ないことも十分あり得ます。

自分が脂漏性皮膚炎になったからといって、必ず子どもに遺伝するというわけではないので、心配しないでくださいね。

 

環境要因が似ることによる発症の可能性はアリ

肌を正しく洗えていなかったり、逆に洗浄力の強すぎるシャンプーやボディソープでゴシゴシ洗ったりすることも脂漏性皮膚炎の引き金になることがあります。

また、脂っこい食べ物が中心の食生活や夜更かしが多い生活なども、ホルモンバランスを見出し、皮脂の分泌を増やすことになります。

 

家族である場合、こうした生活習慣や食習慣が似通ったものになる可能性は大です。

子どもは肌の洗い方や食事の内容、生活スタイルも親とほぼ同じになりますよね。

このことで、子どもが将来的に脂漏性皮膚炎になってしまう……ということは起こり得るでしょう。

 

脂漏性皮膚炎に悩んでいる方は、まず皮膚科の治療を受け、正しい方法でお手入れしながら、皮脂の分泌が過剰になりすぎない、肌を乾燥させない生活習慣や食事を身につけ、お子さんに教えてあげるようにしてください。

 

おわりに:脂漏性皮膚炎はうつらない。正しい知識を身に着けて対処していきましょう

脂漏性皮膚炎は感染症ではありません。

周りの人にうつことはないので、心配しないでくださいね。

また、脂漏体質が遺伝しても、脂漏性皮膚炎を防ぐ方法を理解しておけば、子どもが脂漏性皮膚炎になることもありません。

もし、自分が脂漏性皮膚炎になってしまったら、正しい予防方法をお子さんに教えてあげるようにしてください。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-脂漏性皮膚炎の疑問
-,

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.