治療法、ケア方法

まずは生活習慣改善から。脂漏性皮膚炎になった時の食事・睡眠・運動

更新日:

脂漏性皮膚炎と生活習慣

脂漏性皮膚炎になったら、まずは皮膚科の診察を受けて治療を行うことが大切。

とはいえ、薬を正しく使用していても、脂漏性皮膚炎が発症したきっかけをそのままにしていてはいけません。

回復までに時間がかかってしまいますし、回復後の再発を招く恐れもあります。

ここでは、治療と並行して行いたい食事内容や睡眠、運動などの生活習慣の見直し方について詳しく説明していきます。

 

↓脂漏性皮膚炎でも使えるシャンプーを知りたい方はこちらをタップ↓

 

脂漏性皮膚炎になったときに見直したい生活習慣

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が過剰になってマラセチア菌が増殖することで起こります。

この皮脂の分泌が過剰になるきっかけは人それぞれです。

脂漏体質といって皮脂分泌が多い体質が遺伝している場合もあれば、生活習慣の乱れによって後天的に起きている可能性もあります。

注意すべき点は以下の通りです。

  • バランスの取れた食事
  • 良質な睡眠
  • ストレスコントロール

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

バランスの取れた食事

食事

コンビニのお弁当やファストフード、加工食品など添加物やトランス脂肪酸の多い食事は肝臓に負担をかけます。

さらに代謝機能を低下させ、体内に毒素が溜まりやすくなるだけではなく、肌荒れが起こりやすくなります。

 

まずは食事から加工食品を減らす努力をしてみましょう。

その上で、以下のような栄養素を意識して摂るようにすると効果的です。

  • ビタミンB群
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • オメガ3系オイル

 

ビタミン類は肌のために欠かせない栄養素

ビタミンB群は主に脂質代謝をコントロールしてくれます。

  • ビタミンB2:皮脂の分泌が過剰になるのを防ぐ作用
  • ビタミンB6:肌のターンオーバーをサポート

ビタミンB2はレバーやうなぎ、卵、納豆などに、ビタミンB6はかつおやまぐろ、レバー、バナナなどに含まれています。

ちょっとお腹が空いたときはお菓子ではなく、バナナを食べてみるようクセをつけるといいかもしれません。

 

また、ビタミンAは肌の新陳代謝に欠かせない栄養素です。

こちらもレバーに多く含まれているほか、緑黄色野菜でも摂ることができます。

 

ビタミンEはホルモンバランスを整える作用を持っています。

男性ホルモンが過剰になると皮脂分泌が多くなります。

ビタミンEは抗酸化作用もあるため、美肌には欠かせない成分と言えます。

かぼちゃやアボガド、アーモンドやくるみなどのナッツ類に多く含まれています。

 

青魚に含まれるオメガ3はかゆみ改善効果あり

オメガ3系オイルはアレルギーや炎症、かゆみの改善に効果あると考えられています。

また腎臓のはたらきをサポートし肌の新陳代謝を高めたり、抗酸化作用によって肌をダメージから守ったりする作用もあります。

 

オメガ3は青魚やくるみなどに含まれていますが、毎日摂るのが難しいという人も多いでしょう。

そこでオススメしたいのが、亜麻仁油、エゴマ油、しそ油などのオメガ3系オイルです。

加熱すると効果がなくなってしまうので、生で摂るのがポイント。1日小さじ1杯が摂取目安量です。

 

脂漏性皮膚炎で控えた方がいい食べ物

  • 香辛料
  • カフェインなどの刺激物
  • 脂っこい食べ物
  • 熱い食べ物

こうした食べ物はできるだけ控えるようにしましょう。

またまだはっきりとは分かっていませんが、糖質の代謝と脂漏性皮膚炎の症状の関連性が指摘されています。

甘いものや炭水化物を摂りすぎた次の日に症状が悪化するという人は、糖質の量を減らすようにしてください。

 

良質な睡眠

人間の体は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されます。

炎症を起こした肌が回復していくためにも、子の成長ホルモンが正常に分泌されていることが大切です。

成長ホルモンの分泌は入眠後3〜4時間にピークを迎えると考えられています。

スマホやパソコンの画面に使用されるブルーライトは入眠を妨げる大きな原因に。

就寝前2時間前から見ないようにしましょう。

 

また睡眠不足が続くと、それ自体が大きなストレスとなって自律神経の乱れにつながり、交感神経が優位な状態が続いてしまいます。

このことで男性ホルモンが過剰となり、皮脂分泌が増えて脂漏性皮膚炎の発症のきっかけになることも。

 

ストレスコントロール

ストレス

「ストレスはホルモンバランスの乱れにつながる」と聞いたことはありませんか?

ストレスにさらされた状態が続くと、自律神経が乱れて交感神経が優位になり、体が緊張した状態が続いてしまいます。

交感神経が優位になると、男性ホルモンが多量に分泌されるため、皮脂の分泌も増えて脂漏性皮膚炎のきっかけになりますいのです。

 

またストレスでイライラすると頭皮のかゆみが増すという人もいます。

我慢できなくて頭皮をかいてしまい、症状が悪化することもあります。

趣味に没頭するなどして、ストレスを上手に発散し、ストレスによる負のスパイラルはどこかで断ち切るようにしたいものです。

 

脂漏性皮膚炎と運動の関係

運動不足は脂漏性皮膚炎によくないという意見を目にしたことはありませんか?

確かに、部活やサークルなど定期的にしていた運動をやめてから脂漏性皮膚炎になったという人もいるようです。

 

運動していないことがストレスになっていたり、同じ姿勢を取り続けることで血行が低下し、代謝に影響する…。

こうしたことが間接的に影響することは考えられますが、運動していないことが脂漏性皮膚炎に直接影響することはありません。

 

むしろ、運動して体温があがったり、汗をかいたりすることで症状が悪化してしまうことの方が心配されます。

汗をかくとかゆくなる、肌の赤みが増すという方は激しい運動ではなく、ヨガやストレッチなどゆったりとした動きの運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

おわりに:少しずつでも生活習慣を改善していく意識が大切!

毎日何気なく続けている習慣が脂漏性皮膚炎の原因になっていることもあります。

自分の症状がどんなときに悪化するのか、改善されるのかを知るために、毎日、何を食べたか、どんな行動をしたか、どのくらいストレスを感じていたかと肌の状態をメモしてみるのもオススメですよ。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-治療法、ケア方法
-

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.