スキンケア

脂漏性皮膚炎には脱保湿?保湿しすぎで症状が悪化した場合の対策3つ

更新日:

脱保湿

脂漏性皮膚炎の方が化粧水やクリームなどで保湿をすると、かゆみを感じたり症状が悪化したりすることがあります。

このような症状を抑えるために推奨されているのが「脱保湿」という考え方です。

脱保湿とはその名の通り、化粧品などを使った一切の保湿ケアを辞めること。

脱保湿でアトピー性皮膚炎の症状が改善したという人もいます。

では、脂漏性皮膚炎は保湿をやめるべきか、続けるべきかどちらなのでしょうか。

 

脱保湿とは?

一切の保湿をやめるというと「脱保湿と肌断食とどこが違うの?」と思った方もいるかもしれませんね。

そもそも脱保湿とはどんなお手入れ方法なのでしょうか。

 

脱保湿とはアトピー性皮膚炎の治療の一環として登場した方法。

水やぬるま湯だけで洗顔した後、なにもつけず一切保湿しないで過ごします。

肌断食はワセリンを使用しますが、脱保湿はなにも肌につけません。

 

化粧水などで保湿をすると皮脂や細胞間脂質、天然保湿因子などが作られにくくなります。

すると肌がもっている保湿機能が低下してしまうため、保湿剤を使用せず肌が本来持っている力を高めていくのです。

この考え方が根本にあるという点では、肌断食に似ていると言えます。

 

アトピーの患者さんに脱保湿が選ばれる理由

脱保湿は主に「洗顔すると症状がひどくなる」「保湿すると肌がかゆくなる」といった方が実施している方法です。

また、アトピー性皮膚炎で脱保湿をする患者さんのなかには、患部から分泌される滲出液でぐしゅぐしゅになっていることもあるため、保湿剤をつけられないという方もいるようです。

 

ただし、脱保湿には賛否両論があります。

水だけで洗顔し保湿をしないでいると細菌感染を起こしてさらにアトピーの症状が悪化することがあります。

このため、アトピー性皮膚炎の患者さんであっても脱保湿は勧めないという皮膚科医も少なくないのです。

「もともとアトピー性皮膚炎の原因が保湿剤ではないのに、脱保湿をするという考え方はおかしい」という意見もあります。

 

アトピー性皮膚炎の患者さんが脱保湿をするときには、脱ステロイドを同時に行うため、一時的に症状が悪化します。

浸出液がかさぶたになってはがれて、新しい浸出液でかさぶたができて…。

このような症状を繰り返し、徐々に症状がよくなっていくというのが脱保湿のメリットです。

 

ただし、症状が悪化した段階で脱保湿ケアを諦めてしまう人も少なくありません。

脱保湿で100%症状が改善するわけではないということを理解しておきましょう。

 

保湿のしすぎで脂漏性皮膚炎が悪化したときのための3つの対策

肌トラブル

「化粧水を使ったら肌がかゆくなった」

「乳液をつけたら毛穴が詰まって広範囲に角栓ができてしまった」

 

脂漏性皮膚炎に悩んでいる方のなかにはこんな経験のある方もいるのではないでしょうか。

保湿をして症状が悪化する原因には以下のようなものがあります。

  • 肌に合わない成分が含まれていた
  • 毛穴に詰まりやすい成分が含まれていた
  • 保湿アイテムの使用量が多かった

 

保湿剤が脂漏性皮膚炎の原因になることはない?

脂漏性皮膚炎はなんらかの原因で水分量と皮脂のバランスが崩れることで起こります。

カサカサの状態で保湿をしないでいると、さらに皮脂の分泌が増えて脂漏性皮膚炎が悪化してしまうことがあるので、脱保湿ケアはあまりおすすめしません。

 

そもそも保湿剤が脂漏性皮膚炎の原因になるということはほとんどありません。

保湿剤を使って症状が悪化しすぎたという場合、ほとんどが上記の例に当てはまります。

症状が悪化したときは、以下の3つの点に注意してみてください。

 

肌に合わない成分の使用をやめる

本来、保湿成分は刺激が強いものは少なく、それだけで症状が悪化することは考えにくいと言えます。

化粧水や乳液などに含まれている他の成分が肌を刺激したと考えるのが自然でしょう。

パラベンや香料、消炎剤などは人によって刺激を感じることもあります。

新しい保湿アイテムを試すときは、サンプルを用意するなどして肌との相性を見ながら本格的に使用するようにしてください。

 

毛穴に詰まりやすい成分が含まれているものを避ける

保湿剤のなかには毛穴に詰まりやすい成分が含まれているものもあります。

鉱物油がその代表例です。

保湿剤はノンコメドジェニックテスト済のものを選んでみましょう。

クレンジングも毛穴につまりやすいオイルクレンジングは避けてください。

 

保湿アイテムは適切な使用量で

化粧水で保湿したあと、乳液で保湿し、クリームをつける…というのは保湿のしすぎになります。

脂漏性皮膚炎の症状がひどいときにはまずは化粧水だけの保湿にとどめておきましょう。

化粧水をつけてみて足りないようであれば、さらに化粧水を重ねづけします。

症状がひどいときは乳液やクリームは避けた方がいいでしょう。

 

顔がほてっているときは保湿をいったん中止して皮膚科へ

脂漏性皮膚炎で保湿をいったんやめるべきなのは、顔にほてりがある場合です。

皮膚が熱をもっているときに化粧水などを使うと、熱で皮膚の水分が蒸発し、さらに肌が乾燥することがあります。

このような場合、いったん化粧水などでの保湿を中断し、皮膚科の診察を受けるようにしてください。

 

まとめ:脱保湿をするかどうかは症状による。医師の判断を仰ぎましょう

保湿をまったくしない脱保湿はアトピー性皮膚炎の患者さんが脱ステロイドと並行して行う治療方法のひとつです。

脂漏性皮膚炎の方が脱保湿ケアをすると、症状が悪化することもあります。

本来、脱保湿は医師の指導の下で行うべきですから、自己判断で行うのは避けるようにしましょう。

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-スキンケア
-,

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2017 All Rights Reserved.