治療法、ケア方法

脂漏性皮膚炎は市販薬で完治する?ドラッグストアで買えるおすすめ品

更新日:

ドラックストア

脂漏性皮膚炎かな?と思っても、なかなか時間は取れないもの。

  • 「忙しくて皮膚科に行く時間がない」
  • 「症状が軽いから皮膚科に行くほどではない気がする」

そんな人もいますよね。

また、かゆみがある場合はとりあえず症状を抑えたい!ということもあるでしょう。

 

では、脂漏性皮膚炎を市販薬で治すことはできるのでしょうか?

ここでは市販薬がどのくらい脂漏性皮膚炎に効果があるのかについて説明していきます。

 

↓脂漏性皮膚炎でも使えるシャンプーを知りたい方はこちらをタップ↓

 

脂漏性皮膚炎は市販薬で治る?

結論から言うと、脂漏性皮膚炎は市販薬で完治させることはできません。

もともと脂漏性皮膚炎は完治が難しい症状。

一度治っても、なんらかのきっかけで再発する可能性がゼロとは言えないのです。

 

「脂漏性皮膚炎が治った」という方のブログを見ても、ほぼ症状がおさまった後も、体調によって脂漏性皮膚炎の軽い症状が出る……。

そんな「寛解(かんかい)」状態であることがわかります。

 

医師が「脂漏性皮膚炎は一生治らない」という理由はここにあるのです。

とはいえ、寛解状態になればほぼ普通の人と同じ肌に戻ります。

生活習慣やお手入れによっては、再発させないよう過ごすことも不可能ではありません。

人によってはこれを完治と考える方もいるでしょう。

 

皮膚科での治療の結果、寛解状態となった方の中には市販薬を常備しておいて、症状が出たら軽いうちにすぐ市販薬で抑えるという使い方をしている人もいます。

軽いうちなら皮膚科に行くことなく症状を抑えることもできますので、市販薬はこうした使い方もあるということを覚えておきましょう。

 

脂漏性皮膚炎の症状を緩和させる市販薬

緩和させる市販薬

脂漏性皮膚炎の症状には炎症、かゆみ、発疹などがあります。

いずれも軽い症状であれば、市販薬でも抑えることができます。

一定の効果が期待できますが、症状が悪化したり、長引いたりするようであればすぐに皮膚科の診察を受けるようにしてください。

 

脂漏性皮膚炎の症状に効果が期待できる市販薬には3つのタイプがあります。

  • ステロイド外用薬
  • 抗ヒスタミン系外用薬
  • 漢方薬(内服薬)

 

ドラッグストアや薬局で買えるものを紹介しましょう。

 

ステロイド外用薬

炎症や化膿を防いでくれるお薬です。

ひとつ常備しておくと、いざというときに役立ちます。

市販のステロイドを購入するときは用法、用量を守って使いましょう。

 

田辺三菱製薬 フルコート

抗炎症効果のある外用ステロイド・フルオシノロンアセトニドと細菌繁殖を抑えるフラジオマイシン硫酸塩を配合。

軟膏タイプなので、カサカサ、じゅくじゅくどちらの湿疹にも塗りやすくなっています。

(出典:https://www.flucort.jp/

 

テラ・コートリル軟膏

外用ステロイド・ヒドロコルチゾンと抗菌成分・オキシテトラサイクリン塩酸塩を配合。

(出典:https://www.jnj.co.jp/consumer/otc/skin/index_13.html

 

ムヒHD

頭皮のかゆみと炎症を抑えてくれるローション。

外用ステロイド・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルPVAと抗ヒスタミン成分・ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合。

 

PVAは「アンテドラッグ」といって患部では、効き目が中くらいのミディアムランクのステロイドとして作用。

吸収されると効き目の弱いウィークランクのプレドニゾロンに分解されるため、広範囲の治療や長期間の使用にも影響が少ないとされています。

ただし、頭皮への治療は最大で4週間以内におさえてください。

(出典:https://www.ikedamohando.co.jp/muhi_hd/

 

抗ヒスタミン外用薬

抗ヒスタミン剤はかゆみを抑えてくれる外用薬。¥です。

かゆくてたまらない!というときにひとつ用意しておくといいでしょう。

 

新レスタミンコーワ軟膏

かゆみを引き起こすヒスタミンのはたらきを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩配合。

乳剤性軟膏でベタつきがすくなく使用感もいいのが特徴です。

(出典:https://hc.kowa.co.jp/otc/1109

 

漢方薬

漢方薬

漢方薬を用いた治療はすべての皮膚科で行われているわけではありません。

ですが、脂漏性皮膚炎に一定の効果が認められているものもあります。

 

ただし、漢方薬は本来、患者さんの体質を見きわめて適切なものを処方するべきお薬です。

また患部に直接塗るものではなく、身体の体質を変えていくためのお薬なので、即効性はありません。

薬剤師さんのいる薬局、ドラッグストアで相談してから購入することをお勧めします。

市販薬として購入できるものをいくつか紹介しましょう。

 

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

腫れや赤みのある可能性の皮膚トラブルに処方される漢方薬。

皮膚科ではアレルギーやじんましん、にきび、酒さなどに処方されることも。

(出典:https://www.kracie.co.jp/products/ph/1201951_2220.html

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

肌の炎症や赤みを抑えてくれる漢方。

イライラや不眠症にも効果が期待できるので、脂漏性皮膚炎の症状が不快で眠れないという方にも適しています。

(出典:https://www.kracie.co.jp/products/ph/10107914_2220.html

 

症状がおさまらない場合は皮膚科へ

脂漏性皮膚炎は真菌であるマラセチア菌の増殖が原因です。

この菌を抑える抗真菌薬は医師の処方が必要であるため、市販されていません。

マラセチア菌の繁殖が進んだ症状は市販薬での改善が見込めませんので、早めに皮膚科に行くようにしましょう。

 

おわりに:市販薬だけでは完治は困難。脂漏性皮膚炎の改善は早い段階から皮膚科へ

脂漏性皮膚炎は完治しないと言われていますが、皮膚科での治療を受けて寛解状態になった人はたくさんいます。

応急処置として市販薬を使うことはできます。

ですが、症状がおさまらないのに使い続けていると脂漏性皮膚炎を悪化させ、かえって治療が長引くこともありますので注意しましょう。

また、脂漏性皮膚炎の症状が出るにはストレスや食事など発症の引き金となることもあります。

寛解となったあとも、市販薬だけに頼らず、このようなきっかけを作らないように生活することも考えなくてはいけません。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-治療法、ケア方法
-

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.