スキンケア

顔の脂漏性皮膚炎がひどい時の化粧水。症状を悪化させない選び方4つ

更新日:

脂漏性皮膚炎の保湿

脂漏性皮膚炎のお手入れでもっとも重要なのが保湿。

水分が不足すると、肌は自らを潤すため皮脂の分泌を増やすはたらきを持っています。

脂漏性皮膚炎の方の肌はベタついているようでも実は水分不足…ということが少なくありません。

保湿のための基本アイテムといえば、化粧水です。

では、脂漏性皮膚炎の症状が起きている場合、どんな化粧水を選べばいいのでしょうか。

 

↓化粧水だけでなく、脂漏性皮膚炎でも使えるシャンプーを知りたい方はこちらをタップ↓

 

脂漏性皮膚炎の方のための化粧水選び

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔、首や背中、脇など皮脂線の多い部分に起こるのが特徴。

なかでも人目につきやすい顔に症状が出ると精神的なストレスとなって、それが原因で症状が長引いてしまうこともあります。

まずは保湿を行うための化粧水選びのポイントをあげてみましょう。

1 与える成分よりカットすべき成分に着目
2 保湿成分は肌にある低刺激の成分を
3 毛羽立つコットンは避けて
4 化粧水だけで脂漏性皮膚炎は治らない

ひとつひとつ説明していきます。

 

与える成分よりカットすべき成分に着目!

成分

保湿ケアが重要というと、どんな化粧品を使ったらいいのか、どんな成分を使ったらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

でも、脂漏性皮膚炎の場合、与える成分よりも肌に刺激を与える成分をカットすることを考えるべきと言えます。

刺激となりやすい成分には以下のようなものがあります。

  • アルコール、エタノール
  • 香料
  • パラベン
  • 油分

 

アルコールやエタノールが入った化粧水は清涼感がありますが、肌の水分を蒸発させてしまいます。

香料やパラベンも肌に刺激を与え、アレルギーの原因となることも。

油分は入ったものは毛穴をふさいでしまうので、ニキビのような吹き出物を含む症状が出ている場合い悪化の原因となります。

 

脂漏性皮膚炎の場合、こうした刺激成分が入っていない化粧水を選ぶようにしましょう。

特に肌が赤くなって炎症を起こしているときに、こうした刺激成分が入った化粧品を使うと症状が悪化してしまうことがあるので注意してくださいね。

 

保湿成分は肌にある低刺激の成分を

保湿成分は低刺激のものを選びます。

脂漏性皮膚炎の肌におすすめなのは、肌にもともとある成分です。

こうした成分なら肌になじみやすく、刺激となることがありません。

まず、チェックしたいのが肌表面の角層にある成分。

肌の保湿機能はこの3つによって維持されています。

  • 細胞間脂質 
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 皮脂

このうち、化粧水で補うことができるのは細胞間脂質と天然保湿因子の2つ。

 

セラミドとアミノ酸を補給しよう

細胞間脂質の代表的なものがセラミドです。

セラミドとは、もともと人間の肌にある成分で、肌の細胞と細胞の間をつなぐような役割を果たしています。

セラミドが不足すると、細胞同士のすき間から肌の水分が蒸発して肌が乾燥したり、外部からの刺激を受けやすくなったりするのです。

また細胞間脂質は水と油の両方になじむため水分の蒸発と皮脂不足による乾燥の両方を防ぐことができます。

 

天然保湿因子は水分と結びつく性質があり、代表的な成分にはアミノ酸、尿素、乳酸などがあります。

アミノ酸は種類が多く、グルタミン酸、リシン、セリン、アラニン、アルギニンといった成分などがあります。

 

尿素も保湿成分として使用されますが、尿素には角質を柔らかくしてはがれ落ちやすくする作用があります。

そのため、長期的に使用すると肌に刺激を与えてしまうこともあります。

このように考えると、脂漏性皮膚炎の方が化粧水を選ぶときにはセラミドとアミノ酸が配合されたタイプがベストと言えます。

 

キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水 【医薬部外品】

セラミドとアルギニン、消炎剤を配合。

アルコールフリーでアレルギーテスト、敏感肌の方のパッチテスト済です。

ポンプタイプで衛生的ですが、防腐剤パラベンが含まれているので、敏感肌の方は注意しておきましょう。

(出典:https://www.kao.com/jp/curel/crl_care_lotion_00.html

 

ノブⅢ バリアコンセントレイト

こちらは化粧水ではなく、「保湿用美容液」になります。

細胞間脂質であるセラミド、天然保湿因子であるアミノ酸配合。

さらに皮脂に似た油分であるスクワランを配合して肌の保湿機能、バリア機能の回復をサポート。

すこやかな肌に導いてくれますが、お値段は30gで5,400円とかなりお高めです。

(出典:https://noevirgroup.jp/nov/g/g51505/

 

その他の保湿成分で効果的な成分は?コラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュアなど

セラミドとアミノ酸の他にも低刺激の保湿成分があります。

コラーゲンやヒアルロン酸、リピジュアといった成分は刺激が少なく、水分を抱え込む性質があります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は肌の真皮にある成分。

分子が大きいため、真皮まで浸透することはありませんが、角層になじんで水分の蒸発を防いでくれます。

 

リピジュアは人間の細胞膜に含まれるリン脂質をモデルに作られた成分です。

肌になじみやすい成分で化粧品だけではなく、医薬品や人工臓器にも使われています。

その保湿力はなんと、ヒアルロンの約2倍。

時間が経っても効果が持続しやすく、肌から水分が蒸発されるのを防いでくれます。

 

ヒフミド エッセンスローション

ヒフミドエッセンスローションは、小林製薬から販売されている、ヒト型セラミドとリピジュアを配合した化粧水。

3種類のセラミドをはじめとした成分がギュッと肌の中に入っていく感触と、もちもちの肌感触が好評です。

 

使い方は、洗顔のあとか就寝前に、手のひらに10円玉サイズに出した化粧水を広げます。

その後は肌をこすらないよう、顔全体を包み込むようになじませます。

もっちりした肌が手のひらに吸い付き、ひんやりとしたらお手入れ完了です。

 

特に乾燥肌、敏感肌の方に評判で、成分面でもかなりこだわって作られていることがわかります。

脂漏性皮膚炎が完治しかけている方や、その後の様子を見る時にも使えます。

(出典:https://www2.kobayashi.co.jp/products/2/21210.html )

 

毛羽立つコットンは避けて

化粧水は手にとってなじませ、最後に手のひらで押さえて浸透させるようにつけるのがポイント。

コットンを使ってパッティングするのは肌に刺激になるので避けましょう。

毛羽立たないタイプのコットンでローションパックをするのはOKです。

 

化粧水だけで脂漏性皮膚炎は治らない

化粧水は肌を保湿して、水分と皮脂のバランスを整えることで脂漏性皮膚炎の回復をサポートしてくれます。

ただし、化粧水をはじめとする化粧品だけで脂漏性皮膚炎が治ることはありません。

 

特にブツブツやかゆみ、ほてりなど赤く炎症を起こしているときにはまず、炎症を抑えることが先決。

化粧品のなかにはあたかもそれだけで脂漏性皮膚炎が治るように謳っているもありますが、化粧品はあくまで補助的に使うもの。

症状を悪化させない、長引かせないためにもまずは皮膚科の診察を受けるようにしてください。

 

まとめ:炎症を抑えてお肌に水分補給。まずはサンプルや試供品を使ってみよう

いかがでしたか?

脂漏性皮膚炎の症状が悪化すると、どんな化粧品も肌にのせるのが怖い…と感じることがあるかもしれません。

でも、肌の水分が不足すると皮脂バランスが崩れてさらに症状が悪化することも。

サンプルで試すなど、肌に合う化粧水を見つけておだやかに肌を保湿するようにしてくださいね。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-スキンケア
-

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.