シャンプー

ウーマシャンプーの口コミ評価と成分解析。脂漏性皮膚炎に効果ある?

更新日:

「ウーマシャンプー」のことは、シャンプーを少しでも調べたことがある方ならご存知かと思います。

「馬油」を成分配合したシャンプーで、今なお人気が続く無添加スカルプシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーなので、頭皮トラブルを抱えた方でも優しく洗えると評判です。

 

ただ数ある口コミの中には、以下のような声もあります。

「価格が高い!」

「効果がよくわからなかった」

「湿疹が収まらない…」

こうした口コミは数としては少ないのですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

 

ウーマシャンプープレミアムの成分には、馬油以外にも多数の成分が配合されています。

中には植物由来の成分が多く、アレルギーに関しては少し不安が残りますよね。

 

ここでは、そんなウーマシャンプーについて詳細をまとめました。

本当に頭皮ケアに効果があるのか?価格や成分などからその実態をご紹介します。

実際に使用したことのある方の口コミまとめもありますので、購入の参考になれば幸いです。

 

 

ウーマシャンプーのまとめ。おすすめポイントと気になる成分は?

まずはじめに、ウーマシャンプーについて詳しく見ていきましょう。

販売会社

株式会社ゼロプラス

価格(容量)

3,800円(300ml)

基剤

アミノ酸系シャンプー(ただし刺激は強い基剤)

つめかえ用の有無

あり

特長成分

・馬油
・グリチルリチン酸2K
・ガゴメエキス
・加水分解ケラチン
・アミノ酸BCAA

抗真菌成分

なし

石油性界面活性剤

なし

アルコール

なし

防腐剤

なし

公式サイト

公式サイトをチェックする

 

ウーマシャンプーのおすすめポイント!こんな人にオススメ

  • 一刻も早く頭皮のかゆみを抑えたい方にオススメ
  • 価格は少々高め。つめかえ用を購入するとコスパは◎
  • 軽度の頭皮湿疹、かゆみ、フケのある方の頭皮ケアシャンプーにオススメ

 

ウーマシャンプーは、頭皮ケアと合わせて毛髪もケアしたい方にオススメのシャンプーです。

有効成分であるグリチルリチン酸2Kが頭皮のかゆみを抑える効果を発揮します。

また馬油やガゴメエキスなどで頭皮や毛髪の保湿も行うことができます。

 

ただ、脂漏性皮膚炎に効果があるかというと難しいところ。

ウーマシャンプーには、抗菌作用、殺菌作用のある有効成分が配合されていません。

脂漏性皮膚炎を根本的に改善していくには、これらの成分が欠かせません。

症状のひどい方、現在治療中の方には向かないシャンプーと言えます。

 

それでは、ウーマシャンプーとは具体的にどのような商品なのでしょうか。

成分面、価格面、より効果的な使用方法などをご紹介していきます。

 

 

ウーマシャンプーのこだわりは?どんな成分が配合されているか

それでは、ウーマシャンプーのこだわりについて、公式HPから見ていきましょう。

 

ウーマシャンプーの全成分。有効成分にはどんな効果があるのか

まず大きく取り上げられているのが、「理想的な頭皮ケアのための成分」全7種類です。

ウーマシャンプー成分

以上がウーマシャンプーの全成分です。

特に、馬油、グリチルリチン酸2K、ガゴメエキス、加水分解ケラチン、アミノ酸類(バリン、ロイシン、イソロイシン)を大きく取り上げています。

 

「ラウレス硫酸Na」などの皮膚に刺激のある成分は入っていません。

ただ、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naという成分がメイン洗剤となっているようですね。

これはラウレス硫酸Naと同等くらいの洗浄力・強い脱脂力のある成分です。

 

まず、このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという成分について詳しく見ていきましょう。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとはどんな成分か

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは、強い洗浄力と脱脂力を兼ね備える成分です。

その脱脂力の強さは、なんと食器洗い用洗剤にも使われるほど。

ネット上で危険視されるラウレス硫酸Naの代わりとして使われることが多くなりました。

もちろん、ウーマシャンプーをはじめとしたノンシリコンシャンプーにも配合されています。

 

注意したいのが、やはりその強い脱脂力です。

頭皮に必要な皮脂を根こそぎ落としてしまうので、かえって皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

オイリー肌の方はどうしてもさっぱりした仕上がりにしたいもの。

ですが洗いすぎはかえって症状の悪化を促してしまいます。

ラウレス硫酸Naには劣るものの、皮膚への刺激性も否定できません。

 

ウーマシャンプーはこのオレフィン(C14-16)スルホン酸Naをメインにしています。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは洗浄力のサポートとしては優秀な成分です。

しかしメインとして使われている以上、使用量や頻度には気をつける必要があるでしょう。

 

有効成分にはどんな効果があるのか

それでは、その他の有効成分についても詳しく見ていきます。

馬油

人の皮脂とよく似ている。保湿効果に優れている成分

グリチルリチン酸2K

抗炎症作用のある成分で、かゆみに作用する。

ガゴメエキス

高い保湿効果を持つ成分。

加水分解ケラチン

毛髪にハリやコシを与える成分。

アミノ酸BCAA

バリン、ロイシン、イソロイシンの3つ。配合量は微量。

 

これらを踏まえると、ウーマシャンプーの有効成分から考えられる効果は以下のようになります。

 

1

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naで頭皮の皮脂を徹底的に落とす

2

グリチルリチン酸2Kで頭皮のかゆみを抑える

3

馬油、ガゴメエキスで頭皮と毛髪を保湿。

4

加水分解ケラチンが弱った毛髪のダメージケアとして作用する。

 

このように、「しっかり洗う→しっかり保湿」が徹底されているシャンプーといえます。

また毛髪に対しても作用する成分があるので、髪のボリュームアップにも一役買ってくれます。

 

ただやはり脂漏性皮膚炎の方が使うというより、かゆみに悩む方向けと言ったほうがいいでしょう。

 

ウーマシャンプーの気になる成分。気をつけたい成分はどれ?

ウーマシャンプー気になる

次にウーマシャンプーの配合成分の中でも、気になる成分を見ていきます。

 

コカミドDEA

まずはコカミドDEAという成分です。

90年代に発がん性が懸念されて以降、シャンプーへの配合は避けられている成分です。

とはいえ、コカミドDEAとガンの直接的な因果関係は現在まで明らかにされていません。

よって、過剰に避けるべき成分ではありません。

 

ただ、コカミドDEAよりもさらに安全性の高い成分が生まれていることも確かです。

ウーマシャンプーはコカミドDEAの配合量が比較的多いようです。

特に安全面を気にされている方は、念のため留意しておくといいでしょう。

 

各種植物由来エキス

ウーマシャンプーには各種植物由来エキスがたくさん配合されていることがわかります。

オーガニック趣向のさなか、こうした植物由来エキス配合は珍しくありません。

しかし、植物アレルギーを持っている方にとって、オーガニックは天敵です。

化学物質がダメという人もいれば、植物エキスがダメ、という方も少なくありません。

 

例えばアロエベラ葉エキスは古くから使われている、いわゆる「アロエ」です。

それでもごくまれにかぶれたり、アレルギーを発症したりすることがあります。

植物アレルギーを持っている方は、こうした成分表記には充分気をつけてください。

 

ウーマシャンプーの価格は適正?1本でどれくらい長持ちするか

ここからは、ウーマシャンプーの価格についても言及していきましょう。

ウーマシャンプー

価格(税込)

容量

備考

1本

3,800円

300ml

別途送料630円

2本セット

7,400円

300ml×2

アマゾン価格

つめかえ用

7,400円

700ml

アマゾン価格

 

価格としては、単品で3,800円+別途送料がかかり、合計4,430円となっています。

アマゾン、楽天の通販でも購入でき、そちらのほうがお得な場合もあるようです。

またつめかえ用はエコパックで、2本分の価格で100mlお得に購入することができます。

 

シャンプーとしての価格はかなり高額な部類に入ります。

しかし、「アミノ酸系シャンプー」の価格としては妥当とも言えます。

 

市販シャンプーはコスト安で製造しているため、1,000円以内のものも多いです。

いわゆる「ラウレス硫酸Na」等が配合されている、高級アルコール系シャンプーですね。

皮膚刺激に強い方ならそちらでも問題ありませんが、敏感肌となると話は別。

やはり低刺激なアミノ酸系シャンプーがオススメと言わざるを得ません。

 

ウーマシャンプーは1本でどのくらいのコストパフォーマンスなのか

ウーマシャンプーは1本あたり300mlの内容量となっています。

 

公式HPでは、1日1回2プッシュの使用量としています。

目安としては1本で、約1ヶ月半~2ヶ月程度の持ち具合となっているようです。

もちろん毛量や髪の長さで前後することもあります。

 

全体的なコスパは、アミノ酸系シャンプーとしてはあまり悪くありません。

口コミで泡立ちもいいと評判なので、少量ずつ使っても問題なさそうです。

つめかえ用もあり、うまく使えば充分長く使うことのできるシャンプーと言えます。

 

ウーマシャンプーのリアルな口コミ。泡立ちや流れ具合はどうなのか

実際にウーマシャンプーを使ったことのある方に口コミ調査を行いました。

香りや泡立ち具合、洗い上がりのさっぱり感などをリアルに語って頂きます。

今回は、男性3名、女性2名の方にアンケートにお答え頂きました。

 

ウーマシャンプーのテクスチャーはどんな感じか。流れ具合・香りは使いやすい?

まずはウーマシャンプーのシャンプー液について伺っていきます。

5人中4人が「さらさらしているタイプ」と答え、香りに関しては「ほぼ無臭」という回答でした。

 

シャンプーはさらさらしてるほう。

馬油が使用されたシャンプーなので、独特のにおいがするかと思っていましたが、良い意味で期待が裏切られました。

においはほとんど感じませんでした。

(38歳男性)

 

液はさらさら。メントールが入っているが、ほぼ無臭です。

(30歳男性)

 

ウーマシャンプーの泡立ちはどうか。使用感について聞いてみた

次に、ウーマシャンプーの泡立ちについて伺いました。

回答は、3人が「良い」、2人が「普通」という結果になっています。

 

泡立ちは良いほうだと思います。

合成成分が配合された、不自然なくらいやけに泡立ちの良いシャンプーとは違い、自然なほどよい泡立ちでさらっとした感覚で洗えるのが気に入っています。 (38歳男性)

 

泡立ちは市販シャンプーと同じくらいだと思います。

ただ、毛質の違う家族が使用すると、泡立ちにくいとか、シャンプー後、髪の毛がきしむとか、合うあわないの個人差が大きかったです。

(30歳男性)

 

実際に洗髪した時はどうか。頭皮刺激や効果の実感はあるかどうか

続いて、実際に髪を洗った時の使用感、刺激などについて伺いました。

回答は「刺激を感じたことはない」が多く、「洗い心地が良いと感じた」というものが多かったです。

ただ、「さっぱりはしなかった」という回答もちらほら見られました。

 

洗ってみた感じは、頭皮に刺激を感じる事はまったくありませんでした。

どちらかというと低刺激でヒリヒリしませんでした。

洗い心地がかなり良くて、悩みだった抜け毛に効果的でした。

髪も普通のシャンプーだとギシギシして切れ毛だったのですが、髪がギシギシならずに切れ毛も改善されてきました。

(30歳女性)

 

私は肌が弱いほうですが得に頭皮に刺激や痛み、特別な症状はありませんでした。

普通のシャンプーと変わりは無いと思います。

本音を申しますと、ウーマシャンプーを使って髪が抜けやすくなったりだとか、育毛効果があったりだとか得に効果は見られません。

(22歳男性)

 

ウーマシャンプーのドライ後の口コミ。髪や頭皮の様子はどうなったか

最後に、タオルドライ、ドライヤー後の頭皮や髪について伺いました。

回答としては「髪がサラサラした」「潤った」という感想が一番多くありました。

 

シャンプー後、頭皮を乾かさないと余計に乾燥してフケが増えるようなので、それを知ってからは面倒ですがちゃんと乾かすようにしています。

タオルドライ後、ドライヤー後の頭皮は、馬油が使われているのが大きいと思いますが、今までのような頭皮の乾燥を感じることがなくなりました。

今まで使ったシャンプーでは改善されませんでしたが、一番気になっていた頭皮の乾燥やフケも改善されてきたので、ここも大きなポイントです。

(38歳男性)

 

私の髪質には合っていたようなので、かぶれたりもせず、髪もサラサラとした手触りがあり良かったと思います。

ただ価格が少し高く感じたので継続して購入したいとまでは考えられませんでした。

(24歳女性)

 

以前使っていたシャンプーと変わりは見られません。

ただ心なしか髪にツヤが出た感じがしました。

ウーマシャンプーを買う際に口コミを見たのですが、馬油という物により育毛効果が出るという口コミを見て買ったのですが、普通のシャンプーと変わらず少しショックでした。

(22歳男性)

 

ウーマシャンプーの効果的な使用方法。一番効果のある洗い方は?

ウーマシャンプー使い方

最後に、ウーマシャンプーの効果的な使用方法についてご紹介していきます。

※公式HPの使い方を参考にしています。

 

頭皮の汚れを落とすため、まずはしっかり予洗いをする

頭皮にホコリや汚れが残っていると、シャンプーがうまく泡立ってくれません。

頭皮の血行をよくするためにも、まずは38度くらいのお湯でしっかりと予洗いをします。

シャワーをさっとかぶるだけではなく、しっかり頭皮をマッサージしながら洗っていきましょう。

 

1日1回2プッシュ!爪を立てずに指の腹で洗髪する

予洗いを終えたら、ウーマシャンプーを2プッシュ。

爪を立てないよう気をつけながら、頭皮にもみこむようにシャンプーを泡立てます。

指の腹を使うとなんだか物足りなく感じるかもしれませんが、ぐっと我慢。

かゆみを悪化させる雑菌の繁殖を防ぐため、頭皮を傷つけないよう気をつけましょう。

 

ていねいにすすぐ。どんなシャンプーでも洗い残しは悪化のもと!

ウーマシャンプー公式HPにもこうあります。

「どんなシャンプーでもすすぎ不足は、毛穴に界面活性剤のカスが残ります」

とにかくシャンプーではすすぎが一番大事なんです。

泡がなくなったらそれで終わり、では確実にシャンプーのカスが残っています。

理想は3分以上かけ、洗い残しのないようしっかりすすぐこと。

特に耳の裏や生え際、もみあげは残りやすいので要チェックです。

 

まとめ:ウーマシャンプーは脂漏性皮膚炎には向かない。殺菌成分のあるシャンプーを選ぼう

ウーマシャンプーには、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されています。

また保湿成分も多いため、軽度の乾性フケやかゆみのある方にはオススメです。

 

しかし、脂漏性皮膚炎は真菌が皮脂を分解することによって起こると言われています。

このため皮脂分泌と真菌殺菌、両方を兼ね備えたシャンプーでないと改善が見込めません。

ウーマシャンプーには殺菌作用が極めて低いため、脂漏性皮膚炎向きとは言えないでしょう。

 

脂漏性皮膚炎を治療中の方は、他のアミノ酸系シャンプーがオススメです。

また、殺菌作用、皮脂分泌を抑制する作用のある成分配合がされているかよく確認しましょう。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-シャンプー
-

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2017 All Rights Reserved.