治療法、ケア方法

日焼け止めクリームで脂漏性皮膚炎が悪化!?紫外線対策はどうする?

更新日:

日焼け止め

脂漏性皮膚炎は紫外線によって悪化することがあります。

でも、日焼け止めクリームを塗って、症状が悪化してしまったという人もいるのではないでしょうか。

ここでは脂漏性皮膚炎と紫外線の関係と、日焼け止めクリームの選び方について詳しくお話していきます。

 

↓日焼け止めだけでなく、シャンプーも気になる方はこちらをタップ↓

 

脂漏性皮膚炎は紫外線で悪化する!

脂漏性皮膚炎で湿疹や炎症が起こると「肌にはなにもつけないほうがいい」と考える方が多いのではないでしょうか。

それでも最低限の保湿と紫外線対策だけは行うようにしてください。

なぜなら、脂漏性皮膚炎は紫外線によって発症したり、悪化したりすることがあるからです。

 

脂漏性皮膚炎が紫外線によって悪化する理由

日焼け

脂漏性皮膚炎の方は、肌のバリア機能が低下して外部の刺激の影響を受けやすくなっています。

当然紫外線のダメージもダイレクトに肌に伝わり、炎症を悪化させる要因になります。

シミやシワの原因にもなってしまうため、思わぬ肌トラブルを招くこともあります。

 

また、人間の体は紫外線を浴びることで活性酸素を作り出します。

この活性酸素そのものが肌にダメージを与え、老化の原因となります。

活性酸素によって皮脂が酸化すると、さらに炎症が悪化するという悪循環に陥ってしまうのです。

 

脂質の代謝が悪い脂漏性皮膚炎の方は、この現象が顕著に起こります。

そのため、普通の肌の方より紫外線による影響を受けやすいと言えます。

「夏は脂漏性皮膚炎の症状が悪化しやすい」と感じる人が多い理由はここにあるのかもしれません。

 

特に男性の方は無防備に紫外線を浴び、脂漏性皮膚炎の症状を悪化させてしまうことが多いようです。

また、頭皮は紫外線対策が難しい部分なので、より慎重なお手入れが必要になります。

 

紫外線にあたると跡に残りやすい?

炎症が起きているときに、紫外線に当たると、色素沈着をともなう跡が残りやすくなります。

これは脂漏性皮膚炎だけではなく、ニキビや酒さなど炎症を伴う症状全般に言えること。

せっかく湿疹が治っても、シミや色素沈着が残ってしまっては悲しいですよね。

跡を残さないようにするためにも、紫外線対策は徹底して行うようにしましょう。

 

脂漏性皮膚炎の方のための紫外線対策

紫外線対策

紫外線を浴びないように意識して行動することで、脂漏性皮膚炎の症状の改善をサポートすることにつながります。

紫外線対策は紫外線量が増える春夏だけではなく、年間を通して行うことが大切。

具体的な紫外線対策について考えてみましょう。

 

日焼け止めクリームは必須!

外に出るときは必ず日焼け止めクリームを使用しましょう。

といっても、日常使いとしてSPF値の高いもの選ぶ必要はありません。

ポイントは、肌へのダメージが少ない紫外線散乱剤タイプのものを選ぶということ。

 

一般的に売られている日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用したものが多いです。

しかしこれは肌への負担が大きく、バリア機能を弱めてしまう可能性が大きいもの。

脂漏性皮膚炎の方は、紫外線吸収剤を使用したタイプは避けるようにしてください。

 

紫外線散乱剤タイプの日焼け止めは、肌に塗ると白く残ってしまうことがあります。

しかし、最近は使用感のいいものも増えてきています。

屋外でのレジャー用にSPFの高いものも増えてきていますが、普段はSPF30前後のもので十分でしょう。

日焼け止めを使うときには、必ず患部の目立たない部分に少量塗ってかゆみやかぶれが起こらないことを確認してから、全体に伸ばすようにしてくださいね。

 

DHC薬用ホワイトニングセラム UV

紫外線散乱剤タイプ。

SPF50+・PA++++という高い紫外線防止効果で、夏のレジャーにも最適。

シミそばかすを防ぐ美白効果も。

長時間外にいなければならないときや、紫外線が強い時期の外出のためにひとつ用意しておくと便利です。

(出典:https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22939 )

 

キュレル UVミルク SPF30

紫外線吸収剤不使用のさらっとした日焼け止め。日常使いに。

(出典:https://www.kao.com/jp/curel/crl_uvmilk_00.html?_ga=2.83427925.2123916753.1505451375-546113849.1498539539 )

 

紫外線を防ぐためにできること

日焼け止めは紫外線防止に有効ですが、100%紫外線をカットできるわけではありません。

可能であれば、日傘や帽子、手袋、マスク、サングラスなどで紫外線を物理的に遮断することも大切です。

  • 窓際には座らない
  • 日陰を選んで歩く
  • 紫外線の強い時間帯の外出は避ける
  • 室内ではカーテンを閉める

その他にも、こういったできる範囲で紫外線に当たらない工夫をすることも考えてみましょう。

 

日焼け止めを塗りづらい頭皮の脂漏性皮膚炎にお悩みの方は、飲むタイプの日焼け止めを併用してみてもいいでしょう。

ただし、内服している薬がある場合、医師に相談してから飲むようにしてください。

 

ヘリオケア・ウルトラDカプセル

シダ科の植物から採取したフェーンブロックという成分が主成分。

紫外線によるランゲルハンス細胞の減少を防ぎ、肌の免疫機能を正常に保つことで体の中から紫外線のダメージを防いでくれます。

(出典:https://www.heliocare.tokyo/

 

紫外線治療は脂漏性皮膚炎に効果がある?

肌にとって害をもたらす紫外線ですが、実は皮膚病の治療に用いられることもあります。

これは波長の長いUVAや、中波長のUVBなどを照射して治療する方法です。

日本ではUVBを用いたナローバンドUVB紫外線療法という治療法が有名で、主に下記のような症状に利用されます。

  • 尋常性乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 白斑
  • 円形脱毛症
  • 痒疹(ようしん)
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

これは波長を限定した紫外線を当てることで、ランゲルハンス細胞の減少を防ぎ、免疫機能を正常化することを目的とした治療法。

しかし副作用として、皮膚の赤み、色素沈着などがあるので、脂漏性皮膚炎の治療には向いていないのが現状です。

興味のある方は皮膚科で相談してみてもいいでしょう。

 

おわりに:日焼け止めは紫外線吸収剤を使っていないものを。肌にあった対策が大切です

脂漏性皮膚炎の方は、紫外線に当たらないようにしましょう。

炎症を悪化させるだけではなく、再発の原因になることもあります。

メイクをする習慣のない男性のみなさんは特に注意が必要。

肌に合った日焼け止めを選んで紫外線対策を習慣にしましょう。

 

当サイトオススメシャンプーランキング

KADASONスカルプシャンプー

開始直後から爆発的な人気を得たシャンプー。

カダソンスカルプシャンプーには、頭皮のフケ・かゆみに効果的な3種類の有効成分が配合されています。

その効果は…あまりの売れっぷりに、一時予約受注生産になるほど。

アミノ酸シャンプーで頭皮に優しく、まさに脂漏性皮膚炎の方向けに作られたシャンプーです。

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎になったら最初に手に取るシャンプー。

コラージュフルフルシャンプーは、多くの皮膚科が推奨している定番シャンプー。

抗真菌作用のある成分配合で、頭皮の原因菌をしっかり取り除きます。

もちろん頭皮に優しく、さっぱりとした洗い上がり。

ハーブガーデンシャンプー

女性の頭皮ケアならハーブガーデンシャンプーにおまかせ。

植物由来天然エキスを多数配合した、オーガニックシャンプーの定番商品。

口コミ人気も軒並み高評価、頭皮環境改善に欠かせない1本です。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、髪の保湿も欠かせない方にオススメ。

-治療法、ケア方法
-,

Copyright© 脂漏性皮膚炎完治エイド|脂漏性皮膚炎の原因と完治までの総合サイト , 2018 All Rights Reserved.